糖尿病の糖負荷試験をして診断結果が出ました

 かかりつけ医にいての血液検査で糖尿病の疑いがあるデータがあったので,先週糖負荷検査をしました。
空腹の朝一番に採血の検尿をしてから糖分を含んだ飲み物を服用して,そのあと30分おきの採血を3度と2度の検尿をします。
採血は血液中の糖の濃度を調べ,検尿は糖が尿に混じって体外に排出されていないか確認をするわけです。
 1週間ほど検査結果の分析に時間がかかるので,先日結果を聞きに行きました。
血液中の糖は時間と共に減少していくはずですが,検査結果を見ると自分の場合は減り方が遅く,糖を分解するために膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンの出が少ないという結論になりました。いわゆる糖尿病の分類です。
 自分は太っているわけでもなく意外ですがインスリンの出方は人様々で,太っていて大食いの人でもインスリンが活発に出る人は糖尿病になりにくいのです。
また自分には糖尿病を患った患者はいませんから,生活習慣病となります。
一般的に日本人体質はインスリンの出が少ないといわれてますから,自分は純日本人なのかもしれません(笑)脱毛ラボ カウンセリング 予約